ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

任意継続被保険者をやめるとき

  • 解説
  • 手続き

任意継続被保険者をやめるとき

次の事由以外での資格喪失はできません。

  • (1) 任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
  • (2) 保険料の納付がない(振替できなかった)とき
  • (3) 再就職をして他の健康保険の被保険者となったとき
  • (4) 任意継続被保険者が死亡したとき
【参考】

”国民健康保険への切替”や”家族の被扶養者となる”などの計画がある場合は、事前に連絡していただき、口座振替を中止<(2)保険料の納付がない>することにより、資格を喪失させてください。
振替中止の連絡は振替をやめる月の前月末日までに、当健康保険組合にご連絡ください。
なお、振替済の保険料は(3)(4)以外の事由では一切返還できません。

(1)(2)の場合は、喪失後5日以内に保険証(被保険者証、高齢受給者証など)を当健康保険組合までご返却ください。
(3)(4)の場合は、以下の必要書類をすみやかにご提出ください。

豆知識

任意継続保険料は退職時点の収入で決定されますので、退職後の収入がなくても保険料の見直しはありません。
一方、国民健康保険料は前年の所得額を基に計算されますので、退職時点より収入が減少した2年目は任意継続保険料より安くなる可能性があります。

【提出先】
関西電力健康保険組合

任意継続被保険者をやめるとき

必要書類
健康保険任意継続被保険者資格喪失届
(添付書類)
  • ●再就職をして他の健康保険の被保険者となったとき
    ・健康保険被保険者証
    ・就職先の被保険者証(写)
  • ●任意継続被保険者が死亡したとき
    ・健康保険被保険者証
    ・埋葬料(費)請求書
  • ※手続き方法、添付書類は、関連ページ「死亡したとき」をご確認ください。
ページトップへ